Around the World about journal photo blog links    
ひびのつれづれ
ひびの どうでもいいことを綴っています**
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



Recent flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from Ely.. Make your own badge here.



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



****



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『それでもぼくはやってない』
以前から観たいと思っていた映画。
地上波初登場ってことで観てみました。

ごくごく普通の男性が、満員電車で痴漢の罪で逮捕されてしまうというお話。
こういう痴漢の冤罪の話は以前TVのドキュメンタリーでみたことがあって
多少知識はあるつもりだったけど、2時間じっくり映画として観ると
日本の痴漢の裁判についてすごく知るところが多いし
すごく考えさせられる深い話でした。

実際に痴漢をした人は罰金を払うだけですぐ家に帰れるのに
無罪を主張していると何週間も拘留されたり、裁判になればもっと時間がかかり
もし負ければ実刑でしかも裁判にかかる費用なんかも負担することになる・・・
何て理不尽なハナシ。
しかも痴漢裁判では99.9%有罪判決となるらしい。

有罪か無罪か。
裁判官は本当に重大な役割を担っている。
そして陪審員制度が始まれば、それが私たちにも関わってくると思うとすごく不安になる。
とても難しい問題。
とっても高性能な嘘発見器とかが発明されればいいのに。
スポンサーサイト

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。